2009年04月21日

NHKの高校講座

NHKの高校講座の番組がネット配信されていることをご存じでしょうか?

学習メモもあって、勉強しやすいと思います。無料ですし、いつでも番組を見ることができるのは便利ですよね。


【関連する記事】
posted by K at 06:41| Comment(0) | おすすめの学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

チョコバナナを食べました

banana.jpg今日は、アピタに買い物に行ってきました。
ミスドでドーナッツを買って、帰ろうとしたとき、お隣のお店(クレープ屋さん?)でチョコバナナを発見!思わず買ってしまいました。チョコバナナはお祭りの屋台でしか見かけないので珍しいですよね。おいしかったです。
posted by K at 03:23| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

学習塾で成績を伸ばす方法

先日、小牧市内の中学校に通う保護者の方から「学習塾に通っているけど成績が上がらない(むしろ下がっている)のですが、どうしたらよいですか。家庭教師にしようか、別の学習塾に変ろうか迷っています。」というご相談を受けました。

成績が上がらないのは、学習塾の教え方が悪いからではありません。お子さんが宿題をやっていないのが原因です。(そこの塾に通っている生徒が全員成績が上がらないなら別の原因も考えられます。あと、お子さんの学力に塾の授業が合っていないこともときどきあります。)

テストで点数を取るには、「理解」「定着」という2つのハードルを乗り越えなくてはなりません。学習塾で乗り越えさせることができるのは、「理解」のハードルだけです。時間があれば、「定着」させることもできますが、通常そんな時間はありません。ですから、塾は「理解」したことを「定着」させるために宿題を出すのです。宿題をやらない限り、「定着」のハードルで躓いてしまうので、テストではいい点数は取れません。塾の授業はわかっているようだけどテストの点数が伸びない原因は、ここにあるわけです。

では、子供に宿題をやらせるにはどうしたらよいのでしょうか。お子さんが塾の宿題をやっている間、親御さんも横で新聞や本を読みます。場所は、リビングでも勉強部屋でもかまいません。お子さんのそばで、お子さんが宿題をするのを本や新聞を読みながら見守ってあげてください。。お子さんが宿題をする環境を親御さんがつくってあげるのです。

そのときに、宿題を教えようとするとケンカになって逆効果ですから、ただ見守っているだけの方がいいと思います。宿題ができたら、褒めてあげることを忘れずに。「こんな簡単な問題もわからないのか!」とモチベーションを下げるようなことは言わないのが、子供のやる気を引き出すコツです。どんな小さなことでも褒めてあげること。「やれば、できる」と目に見える形で子供にわからせること。この積み重ねが、子供のやる気につながります。

単語や用語を覚える宿題だったら、覚えたかどうか確認してあげるのも成績UPに効果的です。そのときも、「覚えてないじゃないか!」と叱らないのがコツです。子供は勉強の間違いを咎められると、もう親と一緒に勉強しなくなります。
ですから、お子さんの答えにマル、バツをつけてあげるだけで十分です。そこそこマルがついていたら、褒めてあげます。バツの問題は、覚えていないことを咎めるのではなく、「もう少しで満点だね。惜しいな〜」と前向きな言葉で声かけをすると、お子さんのやる気が育ちます。
posted by K at 01:46| Comment(0) | 家庭教師の指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

家庭教師・学習塾サイトの相互リンク募集

当ブログでは、相互リンクを募集しております。

家庭教師・学習塾の教育情報を掲載しているサイト、小牧市やその周辺の市町村の情報を掲載しているサイト、大歓迎です。(当ブログの内容に関係がないサイト、1つのページに20も30もリンクがあるようなサイト、リンク集が数ページもあるようなサイト様はお断りさせて頂くこともございます。)

リンクのご依頼は、コメント欄まで(連絡先のメールアドレスを記入してください。)

posted by K at 21:48| Comment(0) | 相互リンク募集中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

ノートの書き方

去年あたりから、ドット入りのキャンパスノートが注目されていますね。普通のノートとの違いは、ドット(点)が入っていて、文頭をそろえたり線を引いたりする目印になることです。方眼用紙の縦線がないノートというイメージでしょうか。このノートを使うときれいにノートが書けると評判です。

私も、高校生の教え子に、このノートを紹介しています。高校数学はグラフを書くことが多いので、ノートにドットが入っているときれいにグラフが書けます。書店(先日、小牧のカルコスに行ったら売ってました)に行くと手に入ります。

ノート作りは大切だと、よく言われますよね。教育の世界では、「ノート指導」という言葉があるくらいです。確かに、勉強ができる子のノートは、上手にまとめられています。でも、それはノートの見た目が「きれい」というだけではありません。

きれいにまとめただけのノートを作って満足している子がいます。カラフルなペンで、とてもきれいにノートがまとめられているのですが、テストの点数はなぜか悪い(女の子に多いのです)。頭に知識が残っていないのですね。ノートに書いたことを覚えないと、点数は取れません。

ノートを作るときは、あとで自分が復習するときの使い勝手を考えて書くのがコツです。例えば、覚える用語を赤字にしておけば、復習の時に赤いシートをかぶせるだけで、ノートが復習用の問題集になります。このように、勉強ができる子は、見た目のきれいさだけでなくて、あとで自分が復習しやすいように工夫しています。
posted by K at 22:49| おすすめの学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。